過去問を解くことが宅建試験合格の一番の近道!

 

宅地建物取引士試験で無駄な学習を避ける、一番簡単で、効果的かつ誰にでもできる勉強法があります。

 

 

それは・・・   ズバリ!過去問です。

 

宅地建物取引主任者,試験

 

過去問題集を繰り返し解くことが宅建試験合格のための王道の勉強法です。

 

宅建は試験範囲が広範な法律で学習が難しく 深入りしてはいけない分野もあります。

 

試験に出ない箇所をいくら勉強しても合格はできませんからね(^◇^;)

 

そんなの分かっていると言われるかもしれませんが、誰もが気がついたら深入りしてしまっているのが怖いところです。

 

テキストや参考書を見て、すぐに試験に出る箇所かそうでないかを判断できるのはだいぶ実力がついてからですからね(^^)

 

それはもうほとんど合格レベル近くですw

 

 

そして、過去問は、試験範囲そのものなので、むしろ試験範囲以外の学習はできませんw。

 

あなたが今年受験する出題も、来年の過去問になるのです(^^)

 

また、多少内容の理解が浅くても過去問での出題のクセが分かっていれば、それだけで正解になる可能性が大きく高まります。

 

 

どうか無料の情報と聞き流さないでください!

宅建試験においては、過去問が王道の学習法です!

 

 

宅建の試験にはひっかけや独特の言い回しを使った問題が多く出題されます。

 

偶然の正解を防ぐたに、わざと問題を紛らわしくしたりするので、しっかりと理解していないと正解できないようになっています。

 

これは宅建試験の本質が、ふるいにかけて落とすための試験ですから当然のことです。

 

そういった手強い出題に対して、ただ知識として知っている というだけでは正解できません。

 

知識にプラス、正解するためには過去問を繰り返して宅建独特の出題傾向に慣れる必要があります。

 

 

 テキストよりも重要!過去問からさまざまなことが読み取れる!

 

それに、過去問は出題者の意図を大きく反映しています。

 

 

何を覚えて欲しいのか、どこがが重要なのか? はたまた、どうすれば正解者を減らせるか等。

 

出題頻度やひっかけ等から出題者の意図がうかがえます。

 

そして、それを逆手に取ることもできます。

 

出題者には試験のレベル(難易度)を一定に保たなければいけないという義務があります。

 

そのため、同じひっかけ問題が何度も出題されたり、ものすごい頻度で繰り返し出題される分野がでてきます。

 

過去問を繰り返すことによってそれを学びとること合格への近道になります。

 

過去問を解きながら・・・

 

「この問題はひっかかりやすいぞ」

「ここであの分野と混同させて不正解にしたいんだな」

 

そんなふうに感じることができれば、それはまさに学びとれている証拠です( ´ ▽ ` )

 

 

過去問は、宅建試験合格のための王道といえる学習方法です。

繰り返しすぎるという事はありません。

 

覚えてしまうくらい 繰り返せば合格はすぐそこです(^^)/

 

 

 

この2つは’’受講生だけが有利になる’’と言われるほどの通信講座なのでチェックだけはしておいてください(^◇^;)

 

机に向かわないどころか、紙も鉛筆も使わず、ホントに隙間時間だけ・・で合格できますw

宅建

スマホで学べるスタディング詳細ページへ

 

【体験レポ】『スタディング』宅建講座買っちゃいました( ´ ▽ ` )ノ

 

 

でマンガのようなテキストw なのに合格率は70%と、もはや反則レベルの通信講座です(^◇^;)

宅建

合格率は全国平均の4.25倍!高い合格率の宅建講座はフォーサイトの詳細ページへ

 

【体験レポ】フォーサイトの中身はこんな感じです( ´ ▽ ` )ノ

 

 

関連記事

【まとめ】AIによる宅建士試験出題予測『未来問』の真実を大暴露!

宅建試験の得点分布に驚愕!1点足りないは全然惜しくない?!

宅建合格には『暗記力』『理解力』そして『〇〇力』が必須!

’’勉強しない’’から合格できる!宅建の〇〇勉強法!

【宅建】知らなきゃ不合格!合格者だけがやっている10のこと!

なんだかんだ言っても宅建合格は過去問が決め手になる!

『U-CANの宅建士 過去問題集』無難にこれで間違いなし!

 

宅地建物取引士試験一発合格マニュアル! TOPページへ