宅建業者は宅地建物取引士を雇わなけれならない!

 

宅地建物取引士就職に強いと言われるのには

2つの大きな理由があります。

 

 

まず、宅建業者は宅地建物取引士を、従業者に対して

一定の割合で従事させなければいけない義務があります。

これが最も大きな理由の一つです。

 

宅建士を一定の割合以上確保できなければ宅建業務を

行うことが出来なくなるので、まさに死活問題です。

 

 

不動産業界は業務内容によって向き不向きがあることや、

不動産業界と言っても業務内容はとても幅広く、分譲や賃貸、

開発や管理等多岐にわたっています。

 

そのため、人の出入りがとても多い業種です。

 

不動産業界で働いている方は、他の業界と比較して

宅建主任者資格を持っている方が多くいらっしゃいますが、

8割以上の方が不合格になる試験であることには変わりありません。

 

仕事が忙し過ぎて受験勉強をする時間が無く、なかなか

合格できない という方が大勢いるのが実情です。

 

 

そのため、宅地建物取引士を必要とするニーズが

高くなります。

 

資格手当がもらえるのことは、それだけ人材として求められて

いることを証明しています。

 

 

 

 宅地建物取引士資格がないと出来ないお仕事!

 

そしてもう一つ大きな強みがあります。

 

それは、宅地建物取引士にしか出来ない独占業務があることです。

 

 

①不動産取引契約の締結前に行う重要事項を説明すること

 

不動産取引の際の相手に対して、伝えなければいけない

重要な事項を宅建士が説明します。

 

   宅地建物取引主任者,試験

 

 

②上記の重要事項を説明した書面に記名、押印すること

 

契約対象不動産の概要や契約の内容を記載した重要事項

説明書の 記載内容が正しいことを確認し、その説明を行った

ことを証するために 重要事項説明書に宅建士が

記名押印します。

 

 

③契約書に記名、押印すること

 

不動産取引の契約内容と契約書の記載内容が正しいことを

証明するために、 契約書に宅建士が記名押印します。

 

 

これらは宅地建物取引士でなければ行うことが出来ない

独占業務になります。

 

独占業務があるということは、専門家としての地位を法律により

しっかり 確保されているという事であり、社会に対して責任のある

大切な仕事を 行うことができるという事です。

 

 

独占業務に関しては、実務においてもとても重要なことなので、

本試験でも とても高い頻度で出題さる分野です。

 

学習の際はその重要性を認識し、しっかり理解すると

後々実務についた時にも 毎日のように必要とされる

知識なので必ず役に立ちます。

 

 

宅建実務に通じる知識を身に付けることが合格への近道!

 

確かに、試験は合格しなければ意味がありません。

 

しかしながら、試験に合格するためだけに勉強するのも

なんだか違和感を感じてしまいます。

 

自分のしている勉強が実務でどのように役立つのか想像

しながら 学習すれば、より一層理解が深まるはずです。

 

  宅地建物取引主任者,試験

 

合格の先のビジョンを持つことはなかなか難しいですが、

どうか夢を膨らませながら頑張ってください(^^)。

 

 

他の教材との比較で一目瞭然!

フルカラーマンガのようなわかりやすさ!一番選ばれている宅建教材!

合格率はなんと全国平均の4.25倍!

宅建

 

 関連記事

30代男性に圧倒的に支持される宅建資格!

とりあえずでも後々役立つ資格!それが宅建!

 受験者の7割が社会人の宅建資格!

宅地建物取引主任者はすたれない!

宅建資格で稼げるの?宅建主任者の平均年収

「フォーサイト」 人気急上昇中の通信講座!驚きの価格とクオリティー!

 

 

宅地建物取引主任者試験一発合格マニュアル! TOPページへ