宅地建物取引士にとって 最も重要な科目!

 

 

それが  「宅地建物取引業法」

 

略して

 

 「宅建業法」 です。

 

 

 

試験に合格して、宅地建物取引士として活躍することになれば

宅建業を行う専門家になるわけですから、一番重要な科目であると

いえます。

 

宅建業法についてお話しする前に、宅建業法について

頭の片隅に入れて おいて頂きたいことがあります。

 

 

宅建業法はなんのためにあるのか?

 

この法律が何のためにあるかという宅建業法の趣旨です。

 

このことを理解しておくと宅建業法が非常にわかりやすくなります。

   宅地建物取引主任者,宅建業法,試験

 

この法律は・・・

 

「一般の消費者を保護するための法律」

 

であるということです。

 

普通の人は、人生において、そう何度も不動産取引をおこなう

機会はありません。

 

しかし、対する不動産業者は宅地建物取引士として従事する

プロフェッショナルです。

 

対等な立場で交渉しては、普通の人が損することが目に見えています。

 

 

そこで、プロの業者に対して、やってはいけないこと等

さまざま規制を加えて、 一般消費者を守ろうと規定したのが

宅建業法です。

 

実際の試験でも、この趣旨がわっかっていれば正解を

導けるような出題もあります。

 

   宅地建物取引主任者,試験

 

試験における宅建業法の特徴!

 

宅建業法は出題数が一番多い分野です。

 

 

出題全体の40%を占めます。

 

 

宅建を取得してこらからその道のプロになろうとしている

受験生に対して、 専門職業家としてのモラルを理解し、

その責任を自覚してもらうために、 しっかり学習させたい

という出題者の意図がうかがえます。

 

 

 

もう一つ試験における宅建業法の特徴があります。

 

それは出題数が一番多い上に、一番易しい分野ということです。

 

つまり、大きな得点源になります。

 

 

宅建業法が苦手という方はほとんどいないくらいです。

 

 

簡単に点が取れるこの分野が苦手という方は致命的です。

 

しかし、宅建業法は点が取れなくて困ることは無いのであまり

不安にならないで下さい。

 

むしろ問題は逆なんです。

正解率が低いことにあります。

 

受験生みんなが点を取れてしまうことなんです。

 

皆さん正解されるので、ここでの失点は大きな差を作って

しまうことになります。

 

民法のように正解率が低い科目とは異なり、一問の重みが

とても大きいです。

 

そのため、出題自体は易しいのに、ものすごくプレッシャーを

感じてしまいます。

 

この科目は覚えているかどうかが得点のカギになります。

 

覚えれば覚えただけ得点できるので、試験直前に受験生が

一番力を入れる科目です。

 

学習が得点に結びつきやすいので、勉強も他の科目と比べて

楽しくできます。

 

民法などは直前になってあがいてもあまり効果が出ませんが、

宅建業法は違います。

 

他の科目の失点をここでカバーしようとみんなが必死になります。

 

宅建業法はなんとしてもマスターすべき科目です。

満点を目指すつもりで頑張って下さい。

 

 

とにかく学習ストレスが嫌!わかりやすい教材がいい!そんな方にオススメの教材です。

フォーサイトは低価格なだけでなく合格率が全国平均の4.25倍という実力です。

絶対にチェックしておいた方がよい宅建教材ですよ(^^)。

宅建

「フォーサイト」 体験レポートはこちら

 

 

関連記事

当サイトの人気『宅建』教材ベスト3をランキング発表!

宅建試験の歴史と傾向 難しくなりつつある宅建試験

賃貸契約でも実際に役立つ宅建知識!

宅地建物取引主任者試験に合格するには得意科目を作る!

宅建の直前対策講義は高いだけで意味がない?!

宅建試験の分野別出題数と得点目標、難易度と学習のポイント

 

宅地建物取引主任者試験一発合格マニュアル! TOPページへ