宅地建物取引士資格試験の受験者の7割は社会人!

 

日本では資格取得は社会に出るための準備であり、

学生がすることという考えがあります。

 

 

日本では終身雇用という働き方が浸透していたので、

社会人になったら勉強なんかしなくてもそのまま年功序列で

出世できる企業が多かったからです。

 

 

しかしながら、現在はそういった今までの考え方が通用しない

時代になってしまいました。

 

 

終身雇用の行きづまりや、年功序列の制度から実力主義への

転換など企業のあり方や働き方も大きく変わりつつあります。

 

 

欧米では就職してから、また大学に戻って学び直すというのは

よくあるごくごく当たり前のことです。

 

 

私たちを取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。

 

今までのように、自分は安心、今のままでいいやとあぐらをかいていると

たちまち後退してしまいます。

 

 

すぐに不安にかられてしまうかもしれません。

 

不安に駆られるだけでなく生活が行き詰まってしまうこと

だって十分に考えられます。

 

そういった意味でも向上心を持つことは大切であり、宅建受験者の

7割が社会人ということにも数字として表れているようです。

宅建の社会人受験者割合

そんな流れに乗っているだけではどこに流れ着くか

わからない時代にこそ宅建資格はうってつけです。

 

まさに社会人のための資格といえます。

 

宅建は幅広い知識

 

宅建は幅広い知識を学ぶことができるのでいざというときに

間接的に役に立つこともありますし、上位資格(その分野のさらに専門的な資格)に

ステップアップを考えることができます。

 

 

宅建が資格の登竜門と言われる所以です。

 

 

自己啓発として宅建試験が広く認知されているのもこのためです。

 

 

 サラリーマン合格の鍵は隙間時間の活用にある!

 

 

言うまでもなく働きながらの受験はとても大変です。

 

帰りが遅く、そのうえ帰宅してから受験勉強なんてちょっとムリと

諦めてしまう方も多いと思います。

 

しかしながら容易でないからこそ資格があなたの希少価値を高め

周りからの尊敬を集めることもできます。

 

 

それに実際に働きながら受験し合格された方には共通点があります。

 

それは時間の活用が上手いということです。

 

効率的かつ隙間時間をうまく利用して学習時間を確保しています。

 

このうち効率的な学習というのは優れた通信講座やテキストを

利用することでクリアすることができます。

 

ほとんどの方そうであるように働きながらの受験では

遠回りや時間のロスが大きいため独学は避けるべきです。

 

 

あとは隙間時間を利用するなど、いかに工夫して学習時間を

確保するかにかかっています。

 

 

信頼できる教材と、たとえ細切れでも学習時間を確保することができれば、

誰にでも合格できる。

 

宅建は努力が報われる試験です。

 

宅建の知識がアンカーとなって、厳しい時代の流れに翻弄されることなく

あなたの自信や強力な武器になることは間違いありません。

 

また、現状を乗り越えるため、仕事の幅を拡げるためのスキルアップ

としてもこの資格はオススメです。

 

学び続け、変化し続けることができるなら、きっと輝かしい未来が

待っているはずです。

 

どうか厳しい現実を乗り越えて理想や自由を手に入れて下さい。

 

 

通勤時間を利用した隙間時間を活用することに特化した

社会人の受験生に選ばれている通信講座です。

宅建

 「通勤講座」 無料版は一見の価値あり!体験レポートはこちら

 

 

関連記事

いつの時代も人気資格ランキング上位を占める宅建!

社会人でも2ヶ月あれば宅建に合格できる!

資格を持っていると世間の目が変わる!

学習時間を確保するための工夫

宅建主任者の平均年収!宅建資格で稼げるの?

30代男性に圧倒的に支持される宅建資格!

「宅建最短合格音声講座」 格安で宅建が取れると人気急上昇!

 

 

宅地建物取引主任者試験一発合格マニュアル! TOPページへ