これは宅地建物取引士試験に合格するための効率的な

学習法として、大手資格学校「TAC」 でも、実際にカリキュラム

として教える内容です。

 

その勉強法は・・・

 

「インプット」 と 「アウトプット」 を意識するということです。

 

宅地建物取引主任者,試験

 

 

有名資格学校でも教える学習 「インプット」と「アウトプット」

 

あなたは勉強法として、インプットとアウトプットという言葉を

耳にしたこと、もしくは何かを学ぶときにインプットとアウトプットを

意識したことがありますか?

 

 

もし初耳だったり、意識したことがないのなら、きっとこれからも

役に立つ考え方なので是非覚えておいてください。

 

 

宅建試験においては特に効果的な学習法ですが、宅建以外の

勉強でも 非常に効果的です。

 

 

受験や検定、語学学習や 資格試験等ではこのインプットとアウトプットを

意識すると格段に効果があります。

 

 

試験勉強と呼ばれるほとんどの場合、知識を蓄え、その理解を

試すという形は変わらないからです。

 

勉強が得意な方は、無意識であったとしても、このインプットと

アウトプットの バランスが良い傾向があります。

 

逆に、勉強しても成績が上がらない方は、インプットが少なすぎて

知識が 十分に蓄えられていないか、もしくは、アウトプットが

少なすぎて蓄えた 知識を十分に解答に反映出来ないことが

原因であることが多いです。

 

 

もちろん、インプットとアウトプットが両方不足している場合もあります。

 

宅建で成績が思うように上がらない方は思い返してみて下さい。

 

インプットとアウトプットのバランスはいかがですか?

 

とくに宅建では、このバランスがとれているかどうかが明らかに

成績に表れます。

 

   宅地建物取引主任者,試験

 

インプットとアウトプットのバランスを保つためのポイント!

 

宅建の実力を付けるために、このバランスを保つには

学習を細かく区切って、その都度インプットしたところを

アウトプットすることが大切です。

 

理解したところを、問題形式で解くことで記憶に定着し、

効果として結びつきます。

 

実際に両方を細かく繰り返した方が、解答力がついて

いくことを 実感できるのでやりがいを感じることが出来ます。

 

最初は少ない量でも構いません。 一つの項目だけ理解して

一問だけ解く、慣れてきたら少しずつ ボリュームを増やして

いけばいいのです。

 

5問、10問、25問と増やしていき、最終的に本試験である

50問を こなせる理解量にすればいいのです。

 

いきなり50問のアウトプットなんかできないですし、

どこのインプットが 足りないかを自覚するためにも

少しずつステップアップしていくことをオススメします。

 

 

こういった丁寧な学習を根気強く続けることが合格への

一番の近道です。

 

一歩一歩進んで行くうちに、気がついたら頂上が見えてくるはずです。

 

コツコツ続ければ思ったよりも早くそこまで到達出来ると思います。

焦らずに頑張って下さい!

 

 

他の教材との比較で一目瞭然!

フルカラーマンガのようなわかりやすさ!

合格率は全国平均の4.25倍という驚きの宅建教材!

宅建

 

 

 関連記事

 知らなきゃ損!宅地建物取引主任者試験の3つの出題パターン!

インターネットの過去問では合格できない!

1点の重みを知り、試験範囲からの脱線を減らす!

宅建試験は独学でも合格できる!

人気急上昇中の通信講座「フォーサイト」!驚きの価格とクオリティー!

 

 

宅地建物取引主任者試験一発合格マニュアル! TOPページへ