そもそも宅地建物取引士試験では

いったい何を問われるのでしょうか?

 

 

ここでの、「何を問われるか?」というのは、

 出題範囲を含めた、 「出題者の意図」という広い意味です。

   宅地建物取引主任者,試験

 

それをしっかり理解することによって、

勉強の方向性がぶれることなく、

合格までまっすぐ進むことが出来ます。

 

 

 宅地建物取引士試験の本質を掘り下げて考える!

 

それでは、もう少し掘り下げて考えてみましょう。

 

言うまでも無く、宅地建物取引士資格は国が認める

国家資格です。

 

 

それは、言い換えると、国が求める人材であるということです。

 

 

そこで・・・

 

国や社会はなぜ宅地建物取引士を必要とするのか?

 

 

国や社会が宅地建物取引士に何を求めるのか?

 

 

宅建試験はこれらの疑問に答えられるかどうかを

試すためにおこなうという一面もあるからです。

 

 

当たり前のようですが、この試験の意図を理解して

いないために、自分が何を何のために勉強しているのか

迷子になってしまう方も多いようです。

 

 

試験範囲が広く、長い受験生活ではこのような状況に陥って

しまうことは決して他人事ではありません。

 

 

こういった事態に陥らないためにも、出題者の意図を

しっかり読み取れているか否かが、試験の 合否を分ける

ことになります。

 

 

 

国や社会がなぜ宅地建物取引士を必要としているか。

 

不動産は日常に欠かすことの出来ない生活の基盤であるにも

かかわらず、 その重要性や現実取引の多様性から契約や取引が

どうしても複雑になってしまいます。

 

 

素人が安易に売ったり買ったりできるものではなく、社会に

対する利益という 観点からも、どうしても不動産取引の専門家に

頼らざるを得ないのです。

 

 

そして、不動産はその重要性から、日常品とは異なり高価な

場合がほとんどです。

 

マイホームは、ほとんどの方が一生のうちで一番高い買い物に

なるはずです。

 

また、不動産には特殊性があり、価値の大きな変動や、

権利関係の複雑さから 社会に大きな影響を与えたりもします。

 

 

このように、不動産は安易に取引できるものではなく、

不測の損害や トラブルを避けるためには、しかりとした

専門的な知識を持っている専門家が ルールに基づいて

取引をおこなう必要があります。

 

 

そういった幅広い不動産取引に関する知識を持ち、公平に

取引を行うことができる人材を国や社会は求めているのです。

 

宅地建物取引主任者,試験宅地建物取引主任者,試験

 

 

 

 

 

 

 

 

実際の試験問題も、要点を大きく捉えると、この出題意図に結びつく

問題が多いです。

 

学習の際には、この試験の意図を考えながら勉強して頂ければ、

合格まで迷うことなく、内容の理解も深まると思います。

 

 

社会に求められるご自身を想像して

どうか最後まで諦めずに頑張ってください(^o^)。

 

 

 

他の教材との比較で一目瞭然!

フルカラーマンガのようなわかりやすさ!一番選ばれている宅建教材!

合格率はなんと全国平均の4.25倍!

宅建

「フォーサイト」 実際に体験レポートはコチラから

 

 

 

関連記事

宅地建物取引主任者の強みと独占業務

宅地建物取引主任者はすたれない!

いつの時代も人気資格ランキング上位を占める宅建!

受験費用をケチって不合格はもったいない!

30代男性に圧倒的に支持される宅建資格!

宅建をとるのに資格学校に通学するのはちょっと待った!

 宅建通信教材のクオリティーは国家資格の中でもダントツ!

宅建試験の合格率とかけた受験費用は比例しない!

 

 

 

宅地建物取引主任者試験一発合格マニュアル! TOPページへ