宅建は予備知識ゼロの者学者でも一発合格できる!

 

宅建は予備知識ゼロ!まったくの初学者でも大丈夫です!

 

宅建は、年齢、学歴などの受験制限はありません。

 

誰でも目指せる資格です。きちんとした準備をすれば

法律の知識が全くない初心者でも合格しやすく

毎年数多くの有資格者が誕生しています!

 

大学などの公的機関で勉強しなくても合格できる手軽さ

それでいて転職や収入アップなどの実用性があることも

宅建が人気資格である理由のひとつです。

 

宅建資格がどういうものかを知れば、予備知識がなくても

合格できるということを納得していただけると思います。

 

宅建,初心者,初学者

 

宅建は法律資格の登竜門である!

 

この資格試験では幅広くさまざまなことを学びます。

 

不動産、法律、行政、税金、建築etc

 

一見するとなんだか難しそうに思いますが実際に学ぶのは

それぞれの分野における基礎的な内容が多く、さらに深く

学ぼうと思ったらより専門的な上級資格にステップアップ

することになります。

 

不動産の分野では土地家屋調査士、不動産鑑定士などの

上級資格があります。

 

マンション管理士や管理業務主任者といった同程度の資格と

ダブルライセンスでさらに活動の場を拡げることもできます。

 

 

法律の分野では司法書士や司法試験などの上級資格があり

いきなりではレベルの高い試験なのでまず基本を学ぶための

クッションとして宅建を受験される方も多いです。

 

 

税金、建築といった分野でも、それぞれ税理士や建築士といった

より専門性の高い分野に進む足がかりになります。

 

 

宅地建物取引主任者にこういった多くの知識が求められるのは

不動産をビッグテーマで活躍するため複雑な社会事情やニーズに

合わせて幅広い知識が必要になるためです。

 

 

 

それ故、「宅建は資格の登竜門」

「資格の中の資格」と呼ばれています。

 

 

宅建初学者,ステップアップ

 

ステップアップの最初に宅建を選ばれる方が多いのには

このように多岐にわったて枝分かれできるという点で

非常に優れた資格といえるからです。

 

将来どのような方向に進むか今の時点では定まっていない場合や

とりあえず就職するため、もしくは自己啓発のためといった漠然とした

理由でも後々思わぬところで役立つ可能性が大いにある資格です。

 

このようにスタートライン、入門という意味合いがあるので

初学者にとっても十分に一発合格できる可能性のある試験です。

 

もちろん入門といえども、合格するためにはある程度の学習が

必要不可欠であり、宅地建物取引主任者として不動産取引の

専門職業家としての地位を法律により認められた職業です。

 

 

基礎となる幅広い知識希少価値がある専門性

 

他の資格にはないこの2面性こそが初学者からの人気、そして社会

からの需要にもつながっているようです。

 

 

 

他の教材との比較で一目瞭然!

フルカラーマンガのようなわかりやすさ!一番選ばれている宅建教材!

合格率はなんと全国平均の4.25倍!

宅建

「フォーサイト」 実際の体験レポートはコチラから

 

 

 

関連記事

宅建通信講座 横綱対決! ユーキャン VS フォーサイト

受験者の7割が社会人の宅建資格!

宅建は女性にも人気の資格!

高くてつまらない教材と安くて面白い教材を徹底比較!

とりあえずでも後々役立つ資格!それが宅建!

不動産業界未経験でも大丈夫!「不動産賃貸仲介」

宅建をとるのに資格学校に通学するのはちょっと待った!

 

 

宅地建物取引主任者試験一発合格マニュアル! TOPページへ