宅建試験の合否を分ける重要な直前期!

 

宅建の直前対策講義は高いだけで意味がない?!

 

宅建の本試験がせまる8月から10月が直前期にあたります。

 

この直前期に何をするかが試験の合否を分ける非常に重要な時期であることは言うまでもありません。

 

この時期に暗記したことは忘れにくく、暗記で得点に結びつきやすい宅建業法や行政法規を重点的に学習する受験生が多いようです。

 

また、受験生がソワソワしだし、資格学校では直前対策講義や模擬試験なども行われます。

 

夏場をすぎると統計問題の対策なども公開されます。

(5問免除制度を受ける方には関係ありません)

 

直前期はこのように資格学校などの追い込みで宅建受験生の周りがにわかにあわただしくなります。

 

試験に対する不安も高まるので周りの環境に振り回されないように注意してください。

 

宅建試験の直前期には具体的に何をすべきか!

 

先ほども述べたとおり、直前期は確かに重要な時期であることは間違いありません。

 

しかし、多くの受験生が陥ってしまう直前期の失敗があります。

 

それは直前だから何かしなくてはという焦りからアレコレと手を出してしまうことです。

 

ではこの時期にすべき一番重要なことは何か?

 

合格するためにやるべきこと・・・

 

それは過去問です!

 

これは確信を持って断言できることです。

 

インプットが一通り済んだら過去問を重点的に繰り返して実践的な訓練を重ねること合格するための実力を身に付けてください。。

 

これだけで大丈夫と言っても過言ではありません。

十分に合格できるだけの実力を身に付けることができます。

 宅建の直前対策講義は高いだけで意味がない?!

 

10月に入ったら予想模試などを本屋さんで購入し自宅で本試験と同じように2時間で解くことで仕上げです。

 

全国模試などは高いし一回分しかないので、受験費用を安く抑えるために本屋さんで買って自宅でやるのがオススメです。(^^)

 

宅建試験は特別なことより当たり前の過去問が大事!

 

「じゃあ資格学校でやっている直前対策講義とかはどうなの?」

 

「過去問だけで本当に大丈夫なの?」

 

と思われるかもしれませんがぶっちゃけ大丈夫です( ´ ▽ ` )ノ

 

資格学校が行っているそういった講義は無意味というわけではありませんが、 正直、1万円くらいする講義にはビジネスの意図を感じてしまいます。

 

また、直前期だからと言って特別なCDを聞いたりDVDを見る必要もありません。

 

本試験は何かを聞きながら受験するわけではないので本試験を意識して本番と同じことを実行することが大事です。

 

特別なことをすればするほど本番と異なってしまうということです。

 

去年の本試験は過去問になり、今年の

本試験も過去問になるわけですから・・・

 

本試験はまさに過去問です。

 

普段の過去問は本試験のように真剣に本試験は模擬試験のようにリラックスして受験してください( ´ ▽ ` )ノ

 




 

机に向かわないから続けられる!スマホで勉強したい方は無料版をチェックしてみてください( ´ ▽ ` )ノ

宅建

スマホで学べるスタディング公式ホームへ

【口コミ】『スタディング』宅建講座買っちゃいました( ´ ▽ ` )ノ

 

 

マンガのようなテキストだから続けられる!合格率70%!もはや反則レベルの通信講座ですw

宅建

合格率は全国平均の4.25倍!高い合格率の宅建講座はフォーサイト公式ホームへ

【宅建講座】フォーサイトの中身はこんな感じです( ´ ▽ ` )ノ

 

 

関連記事

【まとめ】AIによる宅建士試験出題予測『未来問』の真実を大暴露!

 とにかく短期勝負なら価格も安い音声講座がオススメ!

本試験で力を発揮するための2つアドバイス!

なんだかんだ言っても宅建合格は過去問が決め手になる!

インターネットの過去問では合格できない!

難易度まるわかり!不動産系資格の合格率を徹底比較!

宅建をとるのに資格学校に通学するのはちょっと待った!

 

宅地建物取引士試験一発合格マニュアル! TOPページへ