朝の勉強時間だけでも宅建合格は可能!

 

早朝の時間を有意義な学習時間として確保できれば

それだけで宅地建物取引士試験に合格する

ことができます。

 

これは大げさなことではありません。

 

早朝学習が有効であると知っていても、実際にやってみないと

気がつかない効果がいっぱいあるので、今回はそのことをお伝えします。

 

朝の方が学習効率が良いことも、もはや常識になりつつあります。

 

そうは言っても、早起きは苦手でなかなか実践できないものです。

 

宅地建物取引主任者,試験

仕事で疲れて帰ってきてからや、朝からいろいろな雑事に追われて

クタクタでは、頭が働かないどころか勉強する気にもならないですよね。

 

無理矢理勉強しても大きなストレスがかかってしまい、 どんどん勉強が

嫌になってしまいます。

 

そうなると、勉強が義務的になってしまうので非常に効率の 悪いものに

なってしまいます。

 

「よし!今日は帰ったら勉強しよう」 と決意しても、いざ帰ると疲れて

いて やる気が出ない、、、。

 

そんなことを繰り返していると、勉強しないことに対する罪悪感を

感じてしまうかもしれません。

 

そんな悪循環に陥ってしまっては、ただ苦しいだけで合格に結びつきにくい

ことは容易に想像できます。

 

 

忙しいビジネスマン受験生が宅地建物取引士試験に合格したいなら朝を制すること!

 

早朝であれば頭も疲労していないので集中できます。

 

誰でもまとまった時間を作ることが出来ます。

 

もちろん、その分夜は早めに寝て睡眠不足にならないように気をつけて、

朝型生活に慣れていく必要があります。

  宅地建物取引主任者,試験

最初は30分、2週間ごとに30分ずつのペースで少しずつ体を

早起きに慣らしていくと良いです。

 

 

続けなければ意味が無いので、無理をせず継続することに重きを

置いて下さい。

 

 

それに、早朝学習を実際にやってみると、すぐに気がつくことがあります。

 

それは・・・ 忙しい朝は時間があっという間に過ぎるということです。

 

気がついたら1時間2時間が経っていたりします。

 

朝の方が集中できるので理解力が深まる上に、嫌な勉強時間があっという間

に過ぎるので願ったり叶ったりです。

 

 

それに、当たり前のことですが、毎日1時間早く起きて勉強すれば、

もし試験まであと一年間あるとすれば、合わせて365時間になります。

 

 

これは宅建試験に合格するために必要とされる学習時間を十分に

満たすだけの時間です。

 

 

試験の本質は自己をコントロールできるかを試されている!

 

確かに早起きは大変です。

それを継続するのは本当に大変で、 強い自制心が必要です。

 

それでもやる価値があると思います。

 

そもそも試験というものは、好きなことを我慢して勉強したりと、

自制心を問うという側面もあると思います。

 

なぜなら、合格してからも、専門家としての自覚を持って職務を行うことや、

きちんと自分をコントロールする人格を必要とするからです。

 

早朝学習にはそういった自身をコントロールする訓練という意味合いも

大きいです。

 

これは大げさではなく、   朝を制するものが受験を制することはもちろん、

ひいては人生を制することにつながると思います。

 

「早起きは三文の得」

 

と言いますが、本当にそれ以上の得があると思います。

 

結果を出すために、是非ライフスタイルに取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

フルカラーのテキスト!イラストを多用したことによりマンガのようにわかりやすい!↓

合格率は全国平均の4.25倍!この教材を利用すれば合格率がほぼ倍になる驚異の実績!

宅建

価格もなんとユーキャンの半額です!

 評価の高い口コミがこれだけ多いのにも納得!超オススメ通信教材!

 「フォーサイト」実際に試したみたので参考にどうぞ(^^)。こちらです。

 

 

関連記事

 「U-CAN」 えっ?!ホントにユーキャンの宅建講座でいいの?!

宅建合格に必要な学習時間を確保するためのコツ

合格したければ無意識にテレビを見ない!

ながら勉強法で学習時間を確保する!

 合格体験談を鵜呑みにしてはいけない!

 宅建をとるのに資格学校に通学するのはちょっと待った!

 

 

宅地建物取引主任者試験一発合格マニュアル! TOPページへ