紙一重で合否が分かれる宅建試験!

 

宅地建物取引士資格試験に合格する人と、不合格になってしまう人の差はじつはほんのわずかです。

 

宅地建物取引士試験では合否を分ける微妙な合格ライン上に多くの受験生が集中することになります。

 

合格ライン近辺では同点者が数万人もいるということになります。

 

まさに、一点に泣き、一点に笑うことになります。

 みんなと同じでは宅地建物取引士試験に合格できない!

 

一番受験生の得点が多い分布は30点から35点の間であると言われています。

 

およそ半数近くの受験生が30点以上を得点できると考えられます。

 

そうなると30点以下の得点ではあきらかに実力不足と言わざるを得ません。

 

当然、そのままの実力ではたとえ運が良くても合格は見込めません。

 

模試などで30点くらいの得点であるならば、本試験までにしっかりと 復習し、知識を整理し直す必要があります。

 

問題は上位50%以内で、合格できる16%に届かない受験生です。

 

 ここがまさにどんぐりが背比べをしている状態です。

 

宅地建物取引主任者,試験

 

宅建試験はあくまでも落とすための試験です。

 

受験者数が多くても、合格者は3万人くらいで、極端に増えたりしないことからもそう考えられます。

 

そのため、合格者を絞るために、得点分布がせばまったところが合否の分れ目となります。

 

つまりこの得点が伸び悩むゾーン、どんぐりが背比べをしているゾーンを 乗り越えなければ合格することは出来ません。

 

これを単純に言い換えると、他の人よりもうひと頑張りすれば、頭一つ抜けられるとも考えられます。

 

不合格になってしまうほとんどの方が、どうにかギリギリでも合格できればいいと 思ってしまっているのでこのゾーンに埋もれてしまいます。

 

宅地建物取引主任者,試験

 

あと2点、3点得点することが出来れば合格できるというのは本当にもったいないと思います。

 

不合格になってしまった方も、せっかくあと一歩まで勉強したのだから、悔しい思いが本当に強いと思います。

 

合格発表のあとにこのような後悔して欲しくないので、なんとかここを 乗り越えて、上位16%以内の合格圏内に食い込んでください(^^)/

 

ここでは上位16%とパーセント比率で表現しましたが、ライバルは自分自身です。

 

どうやってこの点数が伸び悩むゾーンで得点するかを具体的に考えることです。

 

権利関係を得意とするのか、行政法規を得意とすれば得点出来るか。

 

重要なのは、自分に合ったプラスαを身につけることです。

わずかな実力の違いが大きな結果の違いになる!

 

この合否を分けるゾーンをどう乗り越えるかを、あらかじめ意識して学習することです。

 

そのことに気がついていないと、大勢の受験生と同じ、 ギリギリラインで泣くことになります。

 

このプラスαがまさに合否を分けてしまうのですから、 そこまで大きな差はないはずです。

 

今一歩得点することと、他の人が正解出来るところは確実に押さえることです。

 

合格するためにはズバ抜ける必要は無く、あと一歩の努力です。

それを信じて最後まで諦めずに頑張ってください(^^)/

 

 

 

この2つは’’受講生だけが有利になる’’と言われるほどの通信講座なのでチェックだけはしておいてください(^◇^;)

 

【スタディング】

机に向かわないどころか、紙も鉛筆も使わず、ホントに隙間時間だけ・・で合格できますw

宅建

スマホで学べるスタディング詳細ページへ

 

【体験レポ】『スタディング』宅建講座買っちゃいました( ´ ▽ ` )ノ

 

【フォーサイト】

でマンガのようなテキストw なのに合格率は70%と、もはや反則レベルの通信講座です(^◇^;)

宅建

合格率は全国平均の4.25倍!高い合格率の宅建講座はフォーサイトの詳細ページへ

 

【体験レポ】フォーサイトの中身はこんな感じです( ´ ▽ ` )ノ

 

 

関連記事

【宅建試験】少ない学習負担で短期間に合格!『最先端』の勉強法!

【宅建】受験費用の平均はいくら?受験費用と合格率の関係

【宅建】独学受験生の合格率は?合格者に占める独学者の割合

【宅建】えっ?!合格はお金で買える?!試験の合格率とお金の関係

【宅建通信講座】この2択しかない!ぶっちゃけ他は選ぶ価値なしw

【最新版】資格の難易度と合格に必要な学習時間の一覧表

ファイナンシャルプランナー(FP)取るならまず宅建士を目指せ!

【ベスト3】女性のキャリアアップに選ばれる国家資格ランキング!

 

宅地建物取引士試験一発合格マニュアル! TOPページへ