不動産取引の専門家、それが宅地建物取引士!

 

「宅地建物取引士資格」 は国家資格であり、「宅建士」もしくは「宅建」と呼ばれています( ´ ▽ ` )ノ

 

家を借りたり買ったり、または土地を相続したり、ビジネスを始めるにしても 人が活動するためには不動産が必要不可欠です。

 

不動産は資産としてもとても重要なものなので、その分トラブルもつきものです。

 

そういったトラブルを避けるために、不動産取引に関しては特別なルールがあります。

 

そして、その不動産取引のルールの専門家こそが宅地建物取引士です。

 

宅地建物取引主任者,試験

 

つまり、宅建資格を取得するということは、不動産取引に関する 専門的な知識を身に付けるという事です。

 

宅建の知名度は非常に高くとても人気があります。

 

毎年、約20万人が受験します。

 

他の資格と比較しても ケタ違いの受験者数です。

 

司法書士 約8000

行政書士 約80000

社会保険労務士 約50000

 

宅地建物取引士は社会的ニーズの高い資格!

 

人気があるというのは、それだけ社会的ニーズが高いということでもあります。

 

宅建有資格者は、不動産業界はもちろんですが、金融業界や建築業界、一般企業の財務部門等でも求められます。

 

とくに不動産業界においては、たとえ景気が悪くても不動産取引自体がなくなることはあり得ないので、宅建士は常に必要とされます。

 

そもそも、不動産宅建業を営む場合には一定の割合で宅建士を従事させなければいけないという決まりがあります。

 

なので、不動産業界で正社員になりたいという方には間違いのない資格です。

 

不動産宅建業を営むためには、有資格者が必ず必要なので不動産業界に就職すれば、毎月数1~3万円程度の資格手当がもらえます。

 

また、就職という選択以外にも、独立して開業するという道も選択できます。

 

もちろん、独立するためには相応の努力が必要ですが、 一度どこかに就職して経験を積んでから、さらに大きく可能性を広げたい方は挑戦してみる価値があります。

 

 宅建の知識はプライベートでも役に立つ!

 

それに、仕事以外でも、マイホームの購入や、マンションの賃貸契約、相続や、 税金について等、不動産が日常生活に密接に結びついているので、プライベートでも宅建の知識を活かせる機会はとても多いです。

 

宅地建物取引主任者,マイホーム

 

宅建は、基本的な不動産や法律の知識を内包しているため、不動産鑑定士土地家屋調査士、ファイナンシャルプランナーマンション管理士etc のステップとして受験される方も多いです。

 

↓関連記事↓ 

宅地建物取引主任者からのステップアップ

宅地建物取引主任者,不動産鑑定士

 

このように複数の業界で資格を活かせることが、宅建の人気に つながっています。

 

今後も変わらず将来性に大いに期待できる資格です。

ぜひ挑戦してみてください( ´ ▽ ` )ノ

 

この2つは’’受講生だけが有利になる’’と言われるほどの通信講座なのでチェックだけはしておいてください(^◇^;)

 

机に向かわないどころか、紙も鉛筆も使わず、ホントに隙間時間だけ・・で合格できますw

宅建

スマホで学べるスタディング詳細ページへ

 

【体験レポ】『スタディング』宅建講座買っちゃいました( ´ ▽ ` )ノ

 

 

でマンガのようなテキストw なのに合格率は70%と、もはや反則レベルの通信講座です(^◇^;)

宅建

合格率は全国平均の4.25倍!高い合格率の宅建講座はフォーサイトの詳細ページへ

 

【体験レポ】フォーサイトの中身はこんな感じです( ´ ▽ ` )ノ

 

 

関連記事

コレを使えば宅建は隙間時間だけで本当に合格できます(^^)/

【宅建】就職(転職)が心配…不動産業界はブラック企業が多い?

希少価値ないの?!宅建資格の本当の実力を徹底調査!

宅建(タッケン)と関連資格の難易度を徹底比較

宅建合格への道!誰もが必ず通る4つの学習ステップ!

【最新版】転職に有利!必須条件とされる資格ランキング TOP10

【口コミ】フォーサイト宅建講座の欠点を包み隠さず大暴露!

 

宅地建物取引士試験一発合格マニュアル! TOPページへ