苦手意識の高い権利関係の攻略法!

 

権利関係が難しいとされる大きな理由のひとつに・・・

 

「問題文が読みにくい」

 

という意見が多いようです。

 

 

確かにその通りで、登場人物や要件、法律的な根拠など

問題文の事例の中には注意しなければいけない重要な要素を

しっかりと拾っていかなければ正しい解答にたどり着くことが

できません。

 

 

その攻略法として、問題を解くための思考パターン

身に付けてしまうとよいでしょう。

 

 

これは決して難しい方法ではありません。

 

3つのステップを踏むだけで、仮に本文中の法律用語が

わからなくても正解できる場合があります。

 

 

とてもシンプルなステップなので知ってしまえば

 

「な~んだ・・・そんなことか。」

と思われる方もいらっしゃると思います。

 

しかし、実際にパターンをルーティンとして身に付けているという

受験生は少数派であり、意識して実践することで格段に回答効率が

上がるはずです。

 

 

そして、3つのステップというのがこちらです。

 

・ステップ1  誰と誰が対立しているかを確認する

 

・ステップ2  対立人物のそれぞれの事情を確認する

 

・ステップ3  誰が勝ちかを判断する

 

 

 

ステップ1  誰と誰が対立しているかを確認する

 

まずはザックリと問題文を読んで、登場人物の誰と誰が対立

しているのかを確認します。

 

一度だけ読んで完全に理解しようとすると問題がとても難しく

感じられてしまいますし、誤解釈してしまう恐れもあります。

 

そこで、まずは簡単に考えるために、問題文中に

大文字のアルファベットで書かれた登場人物だけを

抽出するのがポイントです。

 

 

~ 例文 ~

 

Aが所有している甲土地を売買契約により取得したBは、正当な理由なく

甲土地を使用しているFに対して、甲土地の明け渡しを請求することができる。

 

 

こうすることで登場人物が一目瞭然になり、途中の文章がわからなくても

語尾からBとFが対立していることが容易にわかります。

 

 

 

ステップ2  対立人物のそれぞれの事情を確認する

 

次に、対立しているのは BとF なので、それぞれの事情を確認します。

 

 

~ 例文 ~

 

Aが所有している甲土地を売買契約により取得したBは、正当な理由なく

甲土地を使用しているFに対して、甲土地の明け渡しを請求することができる。

 

 

B :  売買契約により取得した人

F:   正当な理由なく使用している人

 

 

 

ステップ3  誰が勝ちかを判断する

 

そもそも法律というのは常識的に正しい人を保護する

ための制度です。

 

最後のステップで・・・

 

どっちに落ち度があるか。

どっちがきちんとしているか。

どっちを保護すべきか。

 

こういった常識的な価値観で結論をだしてください。

 

対抗要件といった法律概念を完全に理解していなくても

十分正しい判断ができるはずです。

 

 

この3ステップだけで権利関係の対立型問題をほぼ

結論づけることができます。

 

 

実際に本試験でも通用します!

 

こんな単純な理論では難しい問題は解けないと

思われるかもしれませんが、決してそんなことは

ありません。

 

実際に、この 「正義は勝つ!」 というシンプルな考え方が

本質として法制度の根幹をなしているからです。

 

このことが頭の片隅にあれば、理解も早まり

問題も解きやすくなるはずです。

 

楽しく学習するためにもぜひ意識してみてください。

 

 

とにかく学習ストレスが嫌!わかりやすい教材がいい!そんな方にオススメの教材です。

フォーサイトは低価格なだけでなく合格率が全国平均の4.25倍という実力です。

絶対にチェックしておいた方がよい宅建教材ですよ(^^)。

宅建

「フォーサイト」 体験レポートはこちら

 

関連記事

合格体験談を鵜呑みにしてはいけない!

本試験で誰にも解けない問題が出題される理由

宅建試験の分野別出題数と得点目標、難易度と学習のポイント

 宅地建物取引主任者試験に合格するためには苦手科目を作らない!

 

 

宅地建物取引主任者試験一発合格マニュアル! TOPページへ