宅建合格に必要なのはとにかく勉強を続けること!

 

宅地建物取引士試験に合格するために特別なことは必要ありません

 

「継続は力なり」

 

本当にいい言葉ですね。   機会ある度に、つくづくその通りだと思わされます。

 

どんなことでも結果を出すためには続けることが大切です。

 

言うまでも無く、宅地建物取引士試験にも当然あてはまります。

 

あまりにも当たり前で、どんなことにも当てはまってしまうことなので、ここで言うことをためらってしまいます。

 

それでも、なんとしても皆さんに試験に合格して頂きたいので、ご承知のこととは思いますが、継続することの大切さをお伝えさせて頂きます。

 

宅地建物取引士試験に合格するために頭の良さも必要ありません。

 

もちろん、ただ続ければ合格できるというような単純なものでも ありません。

 

しかし、宅建試験に合格するためには、学習を継続することが必要不可欠です。   続けることが想像以上に大きな結果につながります。

 

宅建はしっかりとしたカリキュラムや、学習計画に沿って学習を継続すれば、努力が報われる試験です。

 

宅建試験は継続して考える力を鍛えたり、一つの ことを継続して続けることができるかを確かめられる試験でもあります。

 

自己啓発や自信を付けるためといった理由で受験される方が 多いのも頷けます。

 

実際、本試験でも、自分をコントロールし、根気強く継続する力を試されているような気がします。

 

コツコツ勉強を続けることが出来れば、たとえ1日30分でも 一年間でおよそ190時間です。

 

これは宅建試験に十分合格出来るだけの学習時間です。

 

継続すれば、ふと自分のしてきたことを振り返ってみたときに本当に大きな努力の量になっています。

宅建の学習は継続することで効率や効果が高まっていく!

 

まず、毎日続けることを習慣にすると勉強のストレスを軽くすることが出来ます。

 

勉強を習慣化させることが大切なんです。

 

また、例えば、一週間に4時間の勉強をする場合、一日だけ休日に4時間勉強するよりも、たとえ30分でも毎日続けた方が、 学習効果が高くなります。

 

なぜかと言うと学習時間を短く区切ることで集中力が 高くなるからです。

 

それと回数をこなすことによって勉強方法が 改善されて学習効率も上がります。

 

もし、やる気満々でがむしゃらに勉強を始めたとしても、続けられ なければ結果を出すことはできません。

 

勉強方法や学習計画を立てる際には、正しさや効率も大事ですが、まずきちんと続けられるように無理がないように計画立てるべきです。

 

また、参考書を選ぶ際にも、善し悪しは当然重要ですが、まず自分がきちんと勉強を続けられそうなものを選んで下さい。 

 

最後に、宅地建物取引士試験を通じて努力を続けて、試験に合格出来たら、それは大きな自信につながります。

 

その先の人生でも、きっと困難にコツコツ立ち向かっていけると 思います。

 

最後まで諦めずに頑張って下さい(^^)。

 

 

 

この2つは’’受講生だけが有利になる’’と言われるほどの通信講座なのでチェックだけはしておいてください(^◇^;)

 

【スタディング】

机に向かわないどころか、紙も鉛筆も使わず、ホントに隙間時間だけ・・で合格できますw

宅建

スマホで学べるスタディング詳細ページへ

 

【体験レポ】『スタディング』宅建講座買っちゃいました( ´ ▽ ` )ノ

 

【フォーサイト】

でマンガのようなテキストw なのに合格率は70%と、もはや反則レベルの通信講座です(^◇^;)

宅建

合格率は全国平均の4.25倍!高い合格率の宅建講座はフォーサイトの詳細ページへ

 

【体験レポ】フォーサイトの中身はこんな感じです( ´ ▽ ` )ノ

 

 

関連記事

宅建士資格は給料UPのための確実な近道になる!

えっ!?本当に『LETOS(レトス)』の宅建講座でいいの?

自己啓発としても選ばれる宅建資格!

国家資格の中でも合格のための教材の質の高さはダントツ! 

「石を投げたら宅建士?」増え続ける宅建士はなぜ飽和状態にならないのか?

受験費用を安くおさえないと合格してから後悔する!

合格するために忘れてはいけない たった2つの絶対条件!

 

宅地建物取引士試験一発合格マニュアル! TOPページへ