平日をどう使うかが合否をわける!

 

宅建7割以上の方働きながらの受験になります。

宅建 昇級

おそらくあなたもそうではないでしょうか?

 

受験者の年齢も20代30代の現役社会人の方が

もっとも多く・・・受験者の半数以上を占めています。

 

 

宅建 合格率

 

 

就職、転職、昇級、スキルアップなどざまざまな機会で

宅建資格は有利に働くため、幅広い職種で役立つ

宅建のような資格を世の中を渡っていくための武器として

手に入れたいと思われていることの表れだと思います。

 

 

 

しかしそうなると、やはり勉強時間の確保について

気にされる方が多いようですね。

 

 

私のところにも・・・

 

「忙しくて勉強する時間がない。」

「残業で夜は勉強できないけど合格できますか?」

「まとまった時間を確保できなくても大丈夫ですか?」

「1日に何時間勉強すれば合格できますか?」

 

こういった時間に関する質問を多く頂きます。

 

 

もちろん、個々のケースによって、アドバイスは異なりますが

こういった質問はおおよそ同じ流れで解決できる場合が多いです。

 

 

その解決策の多くが・・・

 

平日をどう過ごすか

 

というところに辿り着くことになります。

 

 

なぜ平日が重要なのか?

 

平日は通勤などのルーティンな生活パターンが多いので

繰り返し反復することができる。

 

 

宅建試験は確実な知識や数値を覚えていないと得点できないように

なっています。

 

 

そのため週末にまとめて勉強するよりも何度も繰り返すことで

記憶を定着させる必要があります。

 

 

なので、平日の反復学習の方が一週間に一度同じ時間勉強するよりも

はるかに効果的です。

宅建 勉強法

 

 

同じく集中力についても持続しないので平日の細切れ時間を

重ねる方が効果的な学習といえます。

 

 

まとまった学習時間を確保できないという方でも、思っている程

受験のハンディにはならず宅建試験は十分に合格できるということです。

 

勉強法

 

それに仕事がある日の方が緊張しているので、やらねければ

という気持ちになりやすいと思います。

 

 

通勤時間などはまさに勉強にもってこいの時間です。

 

 

電車通勤で座れる方なら、2~3ヵ月程度で宅建の試験範囲を

数回読み返すことができるはずです。

 

 

満員電車でテキストを広げるのは難しい、電車の中でテキストを

開くのはちょっと恥ずかしいという方にはスマホや音楽プレイヤー

をメインツールとして学習する通信講座もあります。

 

 

有名なのでご存じの方も多いかと思いますが、スピードラーニングという

英会話教材がありますが、宅建も同じように繰り返し聞くことで知識を

効率的にインプットできます。

 

 

そういった学習教材がとても人気があり、価格も資格学校や

ユーキャンといった有名な通信講座よりもはるかに安いので

活用してみるのも良いでしょう。

 

効率的な学習法

 

たしかに仕事の合間や仕事の後に勉強するのは精神的に

キツイと思いますが、一度習慣として組み込むことができれば

それだけでも合格できるのではないかと思えるくらい想像以上に

実力が積み上がっていきます。

 

 

 

朝は記憶を確認するために過去問を解くのがオススメで

夜はじっくり知識のインプットに費やすといったスタイルが

良いと思います。

 

 

もちろん、毎日でなくても構いません。

 

最初のうちは、一週間で帳尻があえばいいやぐらいの気楽な

気持ちで慣らしていけば良いと思います(^^)。

 

 

平日という日常の中には、じつは大きな可能性があるという

ことを意識して今日という一日を充実させてください(^^)/

 

 

社会人の方はチェックしておいて損はないですよ。

働きながら受験される方にはこの教材がかなりオススメです。↓

ユーキャンよりも隙間時間の活用に特化した通信講座です。しかもこの価格!

「通勤講座」 実際の体験レポートを用意しました。コチラです(^^)/

 

 

関連記事

当サイトの人気『宅建』教材ベスト3をランキング発表!

スマートに合格するための勉強法と宅建シンプルライフ!

 「忙しい」という魔法の言い訳を口にしない!

合格したければ無意識にテレビを見ない!

ながら勉強法で学習時間を確保する!

正社員になれる特急券!転職に強い宅建資格!

宅建通信講座 横綱対決! ユーキャン VS フォーサイト

 

 

宅地建物取引主任者試験一発合格マニュアル! TOPページへ