2015年が最初の宅地建物取引士試験!

 

今年最後の主任者       宅建試験

 

宅地建物取引主任者から宅地建物取引士として、新たな名称として

2015年から新試験制度に移行することが決まりました。

 

そうなると今までのやり方が、そのまま活かせるのか

受験生にとっては大問題です。

 

2015年からはその名称変更の意義を鑑みて、職業家としての地位

が向上されると同時に、その職責も重くなります。

 

「士」業としての地位を与えられるわけですから、試験が難化される

ことは容易に想像がつきます。

 

宅建士

 

宅建業法の出題数が20問に増加されたことにより

得点の差が付きにくくなり、結果として一点の重みが

増したことと合わせ、多くの受験生が例年以上にプレッシャーを

感じているのではないでしょうか。

 

 

宅地建物取引士を引用したひっかけ問題に注意!

 

それでも基本的な宅建試験に対する向き合い方や

勉強方法は今まで通りで大丈夫というのが大手資格学校や

不動産適正推進機構のホームページからも窺えます。

 

 

過去問を中心に実力をつけていくというのが王道であり

それは変わらないということです。

 

 

もちろん、改正点が出題されることが多い試験なので

宅地建物取引士というキーワードを含んだ出題が

なされることは間違いありませんが必要以上に

神経質になることはないんですね(^^)。

 

 

逆に、過敏になっている受験生に対して宅地建物取引士という

キーワードを使ったひっかっけ問題として出題する可能性も

あるので注意してください。

 

 

なぜ、宅地建物取引士に格上げされたのか、そういった経緯を

知ればもっと安心して試験に臨めると思うので、そこらへんの

事情も以下の関連記事にリンクさせておきました。

 

興味がおありの方は是非お読み頂ければと思います(^^)。

 

 

当サイトで一番選ばれている資格教材です。

マンガみたいなテキストと利用者の合格率が高いことが人気の理由です(^^)。

宅建

 

 

関連記事

宅地建物取引士試験の裏事情を大暴露!

宅建名称変更?!ついに実現!取引主任者から取引士に!

宅建試験の難易度とその向き合い方

宅建試験の歴史と傾向 難しくなりつつある宅建試験

 宅建の直前対策講義は高いだけで意味がない?!

「U-CAN」 えっ?!ホントにユーキャンの宅建講座でいいの?!

 

 

宅地建物取引主任者試験一発合格マニュアル! TOPページへ