宅建本試験直前期をどう過ごすか

 

人間の記憶メカニズムや集中力といった観点からも本試験の直前期1~2ヵ月間をどう過ごすか合否を分ける最大のポイントになります。

 本試験直前が勝負!

 

これはどんな試験にも言えることですが、反復が合否を大きく左右する宅建試験ではとくにあてはまることです。

 

これまで積み上げてきた学習時間はこの直前期のための準備期間であったと言っても過言ではありません。

 

どういうことかというと・・・

 

それは「これまで積み上げた学習はなんのためだったのか?」という疑問の答えでもあります。

 

 

これまでの学習の目的はズバリ、、、

 

この直前期に効率よく短いスパンで何度も反復できるようにするためだったということです。

 

仮に、そういったことを考えずに無意識にここまで学習を続けてきた方でもおそらくそういった流れになっているはずです。

 

宅建のような合格の手順がかなり確立されている試験においては、ほとんどの合格者が同じような学習パターンに帰結します

 

「数ヶ月かけて宅建の全体像を掴み、

  直前期には過去問をひたすら繰り返す。」

 

これが合格率16%に入る王道の必勝法です。

 

有名資格学校大手のWセミナーLEC東京リーガルマインドでも

知識のインプットとアウトプットの観点から、この流れで学習カリキュラムが

進められています。

(ちなみに資格学校は受講料が高過ぎるのでオススメしません。(^_^;)。)

 

お金も節約、シンプルで確実な直前期の過ごし方

 

宅建本試験緊張

直前期に入ると不安やプレッシャーから重箱の隅をつつくように余計なことを考えてしまいがちです。

 

しかし、合格するためのパターンは先ほどお伝えしたように準備期間に知識を積み重ね、直前期に知識を確実にするためにどれだけ反復できるかが合格の鍵になります。

 

とてもシンプルですが本当にこれだけです。

 

資格学校では直前対策講義などを別料金で実施していますが、それらは受験生にとってはあくまでも安心するための気休めのためにお金を払っているようなものです。

 

受験生の合否のためというよりは、むしろ企業側が利益を出すためのビジネス的な側面が強いです。

 

全国模試なども同様です。

 

たしかに模擬試験は、実際の試験の雰囲気を味わえるので心の準備にはなります。

 

しかし、実力をつけるという観点ではどうでしょうか?

 

高い模擬試験料を払うよりも、書店で予想問題集を買う方がより多くの問題を解くことができるので得点に結びつきやすいのは言うまでもないことです。

 

結局は過去問を繰り返し、いかに実践力を身に付けるかがもっとも重要なポイントになります。

 

今年の本試験も来年には過去問。

 

あまりにも単純過ぎてやっぱり不安だという方もこの事実には納得するしかないですよね(^^)。

 

どうか安心して過去問に取り組んで、本試験までの追い込み頑張ってください!

 

関連記事

【宅建】いよいよ本試験!直前期の不安と緊張にどう向き合うか

「フォーサイト」 合格率を跳ね上げる威力!驚きのクオリティー!

時間がなくても大丈夫!超短期合格法!

知らなきゃ損!宅地建物取引主任者試験の3つの出題パターン!

社会人でも2ヶ月あれば宅建に合格できる!

インターネットの過去問では合格できない!

本試験で力を発揮するための2つアドバイス!

 

宅地建物取引士試験一発合格マニュアル! TOPページへ