宅建は勉強を続けられれば合格できる試験!

宅建は勉強を続けさえすれば合格できるという見方はずいぶん浸透してきましたね。

 

 

とはいえ、一番難しいのがまさにその継続することです。

 

 

事実、不合格になってしまう原因のほとんどが、結局は勉強を続けられないということに集約されます。

 

 

勉強の効率なんて二の次で、とにかく続けることが合格するために一番重要なことです。

 

 

なのでここでは、皆さんに勉強を継続させるためのコツを知っておいて頂きたいと思います

 

 

もちろん我慢根性必要ありません(笑)。

 

 

 

ズバリ!勉強を続けるコツとは・・・

 

 

 

「中途半端に学習を区切る」

 

 

 

これです(^O^)/

 

区切りのいいところまで勉強したくなるのが当たり前ですがあえてそうせずにじらしましょう。

 

 

区切りがいいところまで学習するとそこで気持ちが満足してしまい勉強から遠のいてしまう可能性が高まってしまいます。

 

そして、一度勉強から遠のいてしまうと手を付けるのが億劫になってしまい再び取り組もうと思ったときに大きなストレスがかかってしまいます。

 

 

この最初の一歩のストレスを軽減することが勉強継続のポイントであり中途半端に学習を区切ることが効果を発揮します。

 

 

もしかしたら・・・

 

「なんだそんなことか。」

 

と思われるかもしれませんが、たったそれだけの小さな積み重ねが合否をわけてしまうのがこの試験の恐いところです。

 

 

 

具体的な学習の区切りポイントとは?

 

くどいようですが大事なのはとにかく継続を意識することです。

 

一番精神的な負担が強いのは手を付けるまでなので、そこさえ乗り越えてしまえばあとは少なくとも30分くらいは集中力が持続するはずです。

 

その間に、少しでも次が気になるな~といったところがあればしめたものです。

 

そこでブレイクしても次に開始するときは気になっているので前向きになれます。

 

なので、少しやきもきしてしまうかもしれませんが、結果の手前新しい分野に踏み込んで先が気になるところが具体的な区切りポイントになります。

 

 

 

楽した人が合格している!

 

試験に合格するために忍耐根性といった精神論で乗り切ろうとする方や勉強とはそういったものと思い込んでいる方は要注意です。

 

 

勉強を好きになれとは言いませんが、学習ストレスを軽くする工夫こそがまさに勉強そのものと考えてください。

 

 

楽をすることは、決して合格することと相反することではありませんし、むしろ両立させることが合格への近道になります。

 

 

もし今あなたが、勉強が辛くてしょうがない、どうしても手をつけられないという状況であれば一度立ち止まって原因を考えてみてください。

 

 

もしかしたら自分に鞭を打ち過ぎていたり、思い込みによって不要なストレスを抱えてしまっているのかもしれません。

 

 

いろいろ工夫し、時にブレイクして、自分に合ったやり方を見つけて合格はもちろん理想の未来を手に入れるために歩み続けてください(^^)。

 

 

学習ストレスを軽くしたい方はフルカラーのテキストが

↓業界一わかりやすいと評判!合格率が全国平均の4.25倍という実力!↓

宅建

 人気急上昇中の通信講座「フォーサイト」!実際に試してみました(^^)/

 

 

関連記事

「U-CAN」 えっ?!ホントにユーキャンの宅建講座でいいの?!

宅建マンガのクオリティーは一見の価値あり!

「宅建 秘 裏ワザ大全」 気になる中身を大暴露!

厳しい受験生活に挫折しないための秘訣!

高いモチベーションをずっと維持することは不可能!

宅建受験生活を乗り越えるために欠かせないもの

宅建不合格の原因はあなたにはない!

「通勤講座」 チェックしておくべき超優良低価格な宅建通信講座!

 

 

宅地建物取引主任者試験一発合格マニュアル! TOPページへ