団塊ジュニアは人生の舵取りが難しい世代

 

現在、企業で働くバブル入社世代の処遇が焦点になっています。

 

しかし、今後一番の課題になるのが団塊ジュニア世代です。

 

団塊ジュニア世代

 

団塊ジュニアである1980年代よりも若い世代では人口の減少により労働力は尻すぼみになっています。

 

 

そうなると、社会を支えるためには団塊ジュニアは貴重な戦力であり続けなければなりません。

 

 

とはいえ、新旧がガラリと変化する時代の真っ只中であり、ちょうど自分たちの親にあたる団塊世代の価値観がそのままでは通用しなくなってしまいました

 

 

むしろ団塊世代の価値観をそのまま引きずってしまうと、自分たちよりも若い世代に疎まれたり、弊害が起きてしまいます。

 

正しきことがわかりにくく、先行不透明な時代なので、今後さらに難しい人生の舵取りを迫られることになるでしょう(^_^;)

 

団塊ジュニアは時代や価値観の変化をもろに被る世代

 

就職氷河期も経験した団塊ジュニアのなかには厳しい時代を乗り越えるための専門知識を身につけようと一生懸命な方が多いのは本当に頼もしいことです。

 

しかしながら、社会は学び続けなければ衰退してしまうような学習社会であるという認識が浸透しつつあります。

 

それが何を意味するかというと、、、

 

生き残っていくためには専門的な知識やスキルを持っているということは当たり前になってしまうということです。

 

では専門知識があれば安心できるかというと、残念ながらそれだけでは変化に対応できない事態に陥ってしまうかもしれません。

 

転職

先にも少し触れましたが、団塊ジュニアは後にも先にも事例のない、世代の過渡期かときという独特の道を歩んでいます。

 

なので団塊ジュニアの世代は、人生で幾度か、積み上げたキャリアや価値観が突然崩れたり、失ってしまうことが起こりやすくなります。

捨てる柔軟性と新たな一歩を踏み出す勇気

 

もし大きな転機が訪れた時、学び直すことができるか、今までのキャリアを捨て新しいことにチャレンジできるか、そういった柔軟性や勇気が求められます。

 

そのためにはいつでも変化をポジティブにとらえ、柔軟な価値観を日頃から養うことが重要です。

 

兎にも角にも変化が常時代にあなたはすでに足を踏み入れているのです。

 

学習社会の到来はすでに起こっている未来であり、必ずあなたや周囲も否応無くそれを受け入れざるを得ないことになるでしょう。

 

たとえ先行事例がなくとも、重い腰を上げ、他人の目を気にせず、そして自ら学び切り開いていくしか道はないのです。

 

あなたの未来が残酷で苦しいものになるのか、それとも楽しくて自由なものになるか、それを決めるのは貴方次第です(^^)/

 

 

 

『宅建』は、実用性が高く収入にも結びつきやすい資格です!新たな学びの候補としてオススメです(^^)/

 

もし宅建を目指すなら、この2つは’’受講生だけが有利になる’’と言われるほどなのでチェックだけはしておいてください(^◇^;)

 

【スタディング】

机に向かわないどころか、紙も鉛筆も使わず、ホントに隙間時間だけ・・で合格できますw

宅建

スマホで学べるスタディング詳細ページへ

 

【体験レポ】『スタディング』宅建講座買っちゃいました( ´ ▽ ` )ノ

 

【フォーサイト】

でマンガのようなテキストw なのに合格率は70%と、もはや反則レベルの通信講座です(^◇^;)

宅建

合格率は全国平均の4.25倍!高い合格率の宅建講座はフォーサイトの詳細ページへ

 

【体験レポ】フォーサイトの中身はこんな感じです( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

関連記事

宅建『オンライン講座対決』スタディングvsアガルート!

【宅建】えっ?!合格はお金で買える?!試験の合格率とお金の関係

30代男性に圧倒的に支持される宅建資格!

受験者の7割が社会人の宅建資格!

自己啓発としても選ばれる宅建資格!

受験費用を安くおさえないと合格してから後悔する!

宅建通信講座 横綱対決! ユーキャン VS フォーサイト

 

宅地建物取引士試験一発合格マニュアル! TOPページへ