宅地建物取引士試験にはわかりやすい特徴があります。

出題に関する癖を覚えることで得点につながりやすくなります。

 

 

宅地建物取引士試験でよく使われる3つの出題パターン!

 

これらはすぐに得点に結びつくテクニックであり、とても実践的

なので是非覚えておいて下さい。

 

 宅地建物取引主任者,試験

 

宅地建物取引士試験の出題パターン その壱

 

問題文に「必ず」、「一切」、「常に」、「全て」のように断定的な

言い回しがある場合は、その選択肢は間違いである可能性が高いこと!

 

 

法律というものは、原則と例外がセットでできているものが多く、

例外が無いものは少ないためです。

 

学習する際も、原則と例外を意識して、なぜ例外が必要なのかを

考えると理解が深まります。

 

 

 

宅地建物取引士試験の出題パターン その弐

 

法改正された部分の記述は正解である可能性が高いこと!

 

 

宅建試験の試験範囲に関連する法改正はほぼ毎年行われます。

 

法改正された直後は、そのことをしっかり覚えて欲しいことなので、

間違いの選択肢で知識の混乱を避けたいという出題者の意図が

少なからずあるようです。

 

改正直後は判例も少なく、過去の出題も少ないため、出題者としても

問題を作りにくいので、そのまま正解の選択肢にしてしまう傾向があります。

 

 

 

宅地建物取引士試験の出題パターン その参

 

これは、過去問をある程度こなせば判断できるようになってくることです。

 

少し曖昧な言い方ですが、あまりにも丁寧過ぎる記述の出題は

誤りである可能性が高いこと!

 

 

もっともらしくわざわざ本試験で、理由と結果を丁寧に記述してある

場合は、良く問題文を読んで注意して下さい。

 

宅建試験は落とすための試験であることを考えると、一見そのまま

読み過ごしてしまうようなホントっぽい記述こそがひっかけである

ことが多いです。

 

 

 

これらはあくまでも傾向なので、こういったテクニックに頼り

すぎることは、かえって自分の知識を混乱させてしまうので

気を付けて下さい。

 

 

 

ただ、全般的に言えることとして、問題文をしっかり読むことが大切です。

 

これは当たり前のことのようですが、実際に本試験で問題文を注意深く

読み直したら正解できたという問題が誰にでも一つ二つはあるものです。

 

 

法律の問題や事例問題などは、一言を抜くと意味が変わってしまう

言い回しも多いです。問題をしっかり読めば正解していたという

ミスは非常に起こりやすいことです。

 

 

他にも、「正解」を選ぶのか、「誤り」を選ぶのかといった選択肢を

取り違えてしまうこともよくあるミスです。

 

誰もが過去問を繰り返していると、一度はついついやってしまいます。

本試験でこれをやったら本当に悔しいです。

 

宅地建物取引主任者,宅建

 

試験問題は穴があくほどしっかり読んで下さい。

 

本試験では何度も繰り返し読む時間はないので、浅くではなく、

しっかり一語一語を読み進める習慣を日頃から実践し身に付けて下さい。

 

宅建試験に合格するためには、こういった当たり前のことが大切なんです。

 

 

他の教材との比較で一目瞭然!

フルカラーマンガのようなわかりやすさ!

合格率は全国平均の4.25倍という驚きの宅建教材!

宅建

 

 

関連記事

インターネットの過去問では合格できない!

本試験で力を発揮するための2つアドバイス!

宅建試験に独学で合格するための2つの絶対条件!

「宅建 秘 裏ワザ大全」 気になる中身を大暴露!

30代男性に圧倒的に支持される宅建資格!

 

 

宅地建物取引主任者試験一発合格マニュアル! TOPページへ