A:宅建合格にはできるだけわかりやすいテキストが一番!

 

宅建に合格するためにはとにかくできるだけわかりやすいテキストを選ぶのがベストです。

 

というのも、宅建ほどの人気資格は試験の出題傾向や学習ノウハウが完璧と言ってよいほどに確立されているからです。

 

なので基本的には資格学校のテキストだろうと書店で売られている参考書だろうと中身の大まかな流れは同じです。

 

もちろん中には、分厚い辞典のような宅建の参考書も本屋さんで売られていたりしますが、はっきり言って試験に合格するためには無意味です。

 

試験とは関係なく、ただ知識を深めたいというのであればそういったもの良いと思いますが、そうでないならば、ただ学習の負担を増やし、合格を遠ざけてしまうだけです。

 

先ほどもお伝えした通り、一定以上のクオリエティの参考書であればどれも学習内容は同じようなものです。

 

なのでできるだけそういったお堅いものは避けるのが宅建合格のセオリーです。

 

他の受験生が手をつけないような難しそうな参考書で自分だけ抜き出てやろうなんていう考えはNGです(^_^;)

 

実際、人気があるテキスト(参考書)や通信講座はわかりやすさで選ばれています

 

内容ではあまり差別化を図れないので、どれだけわかりやすいか、もしくは覚えやすいかという点で特色を出そうとしているのです。

 

このわかりやすさこそが合格率に比例するといっても過言ではありません。

 

決して受験費用を多くかけたからといって合格率が上がるというわけではないのです。

 

この点は十分に注意し、無駄にお金をかけ過ぎてしまったり自己満足の学習に陥らないように気をつけてください。

 

ちなみに市販されている宅建の参考書では『らくらく宅建塾』というものが定評があって人気が一番高いです。

 

独学受験生に最も人気が高い市販の参考書

らくらく宅建塾 (らくらく宅建塾シリーズ)

 

ただ、こういった市販の参考書を選ぶときにはブックオフなどで安く買うこともできますが、出題や法律の改正点などがあるので古い年度版のものには注意してください。

 

 

また、通信講座では『フォーサイトというものが受験生に人気が高いです。

 

こちらもわかりやすさという点で通信講座の中ではダントツの一番です。

 

よく宅建の難易度は難しいと言う方と簡単と言う方で意見が分かれることがありますが、その原因の一つ選んだテキストにあると思います。

 

当然、わかりやすいテキストを選んだ方はあっさり受かったという印象を持つことになります。

 

できるだけ ’’わかりやすい’’ こと!

合格するためのテキスト(参考書)選びのポイントはこれに尽きると思います(^^)/

 

 

 

この2つは’’受講生だけが有利になる’’と言われるほどの通信講座なのでチェックだけはしておいてください(^◇^;)

 

【スタディング】

机に向かわないどころか、紙も鉛筆も使わず、ホントに隙間時間だけ・・で合格できますw

宅建

スマホで学べるスタディング詳細ページへ

 

【体験レポ】『スタディング』宅建講座買っちゃいました( ´ ▽ ` )ノ

 

【フォーサイト】

でマンガのようなテキストw なのに合格率は70%と、もはや反則レベルの通信講座です(^◇^;)

宅建

合格率は全国平均の4.25倍!高い合格率の宅建講座はフォーサイトの詳細ページへ

 

【体験レポ】フォーサイトの中身はこんな感じです( ´ ▽ ` )ノ

 

 

関連記事

一目瞭然!宅建の人気テキストを比較!中身を見比べちゃいました(^^)/

「U-CAN」 えっ?!ホントにユーキャンの宅建講座でいいの?!

徹底比較!『フォーサイト』vs『STUDYing(スタディング)』どっちが優良?

「らくらく宅建塾」 コレが宅建受験生に一番人気の市販参考書!

宅建士に価値は無い?!資格として有効性はあるのか?

宅建士資格は給料UPのための確実な近道になる!

「フォーサイト」 合格率を跳ね上げる威力!驚きのクオリティー!

 

宅地建物取引士試験一発合格マニュアル! TOPページへ