勉強を始める前にすでに決着がついているという宅建試験の真実

 

合否の分かれ道

 

「はっ?勉強を始める前に何がわかるんだ!」

と怒られてしまいそうですが^^;じつはこれ真実なんです。

 

 

これは数ある資格試験の中でも宅建試験にだけ当てはまる見過ごすことのできない事実、明らかな根拠があるからなんです。

 

 

結論から先に言うと、それは選んだ宅建教材(通信講座)の合格率がそのままあなたの合格率に反映される可能性が高いということです。

 

 

つまりどういうことかというと、宅建のような人気資格は受験者数が多く、また合格するための勉強法がほぼ完璧と言っていいほど確立されています。

 

 

なので最初に選んだ参考書や通信講座がどれほどの合格者を出しているかがもっとも重要な合否の指標になります。

 

 

適当に、「地名度が高いから ’’◯ーキャン’’ でいいや」みたいな感じで安易に決めてそれを利用した受験生の合格率が著しく低いことにもそのことが表れています。

 

 

少し余談になりますが、先ほど少し触れたとおり宅建は合格するための勉強法やカリキュラムが完全に確立されているので、ムダに高い資格学校にお金を払うのは正直もったいないですよ(^_^;)

 

どれくらい受験費用に差が出てしまうのかは一番下の関連記事に詳しくありますのでぜひそちらもご覧ください(^^)/

 

 

 

宅建に合格できないただひとつの理由!

 

 

 

宅建試験は決まったことをごくごく普通にやれば合格できる試験なので、ぶっちゃけ独自の勉強法や工夫一切必要ないと言っても過言ではないでしょう。

 

 

極端なことを言うと’’頭の良さ’’すらも必要ありません。

 

 

そのことを無視して個性的な勉強で自己満足につながる危険性の方がむしろ高くなってしまいます。

 

 

そうです、宅建に合格できない最大の理由’’個性を出しすぎて自己満足に陥ること’’なんです。

 

 

もちろん一人ひとりペースややり方には少しづつ違いが出てきますが、合格者のほとんどはほぼ同じレールに乗っかて合格までたどり着いています

 

 

なのでただ単に合格を目的にするのであれば、俺流、私流を出すのをグッとこらえてそのレールに乗ってしまうことが確実に合格への近道になります!

 

 

 

合格者がしていることをそっくりそのままやればいいだけなんです!

 

 

 

受験にかけた金額の多さでもなければ、個人の能力の差でもないんです!

 

 

 

法律の論文試験のように文章のセンスや出題の運を問われることもないんです!

 

 

 

宅建試験は合格している人と、だいたい同じことを、だいたい同じ量だけやれば誰でも間違いなく合格できるということを信じてください。

 

 

そのことが本当だということは、合格してからときっと腑に落ちるはずです(^ ^)

 

 

 

 

のテキストがマンガのようにわかりやすい!

通信講座の中では最安値の部類で受講者の合格率が圧倒的

大切な身内友人に勧められる、合格者に最も選ばれている優良教材です( ^ ^ )

宅建

「フォーサイト」体験レポート 他と比べて一目瞭然です(^_^;)

 

 

 

関連記事

「U-CAN」 えっ?!ホントにユーキャンの宅建講座でいいの?!

「藤本修監修1日わずか30分宅建合格マニュアル」 オススメできない理由!

「井真井アカデミー」 徹底調査!数少ない真実の評価口コミ!

宅建試験の歴史と傾向 難しくなりつつある宅建試験

「宅建 秘 裏ワザ大全」 気になる中身を大暴露!

なんだかんだ言っても宅建合格は過去問が決め手になる!

受験費用を安くおさえないと合格してから後悔する!

 

 

 

宅地建物取引士試験一発合格マニュアル! TOPページへ