Home » 試験の日程、合格率、難易度 » 【宅建試験】’’難しくなっている’’と大げさに煽っている真犯人!

【宅建試験】’’難しくなっている’’と大げさに煽っている真犯人!

宅建試験が難化傾向にあるって本当?!

 

 

結論としては『ほぼNO!』です(^ ^)w

 

宅建試験が世間で騒がれているほど難しくなっているという事実はありません

 

 

なぜかというと合格率において例年と比べさほど大きな変化が見られないからです。

 

 

合格率は15%〜17%の間で今まで通り推移しています。

 

 

受験生であればご存知の方も多いと思いますが、2016年度の試験から宅建主任者から宅建士へと名称が変わりました。

 

 

これは事実上の宅建資格の格上げと言えます。

 

 

なのでその際にたくさんの噂やデマが飛び交いました。

 

 

・今年から合格率を10%前後に合わせてくる。

・現存の宅建主任者は宅建士になるために簡易な認定試験を受けなければならない。

・今年から出題傾向がガラリと変えられる。

・宅地建物取引士試験の最終合格率は 5%前後ととなる。…etc

 

 

 

しかし、2016年度の試験、蓋を開けてみればなんてことはなく、例年と同じような合格率でした。

 

 

「いや、移行後すぐに難しくすると例年との格差ができてしまうから来年からでは?」と警戒感が高まりましたが2017年度の試験もやはり同じような内容でしたw

 

 

そういった警戒感や憶測が’’難しくなっている’’という錯覚を起こさせているのではないかと思います。

 

 

 

宅建が難くなっていると過剰に煽っている真犯人は誰か?

 

 

 

さらにぶっちゃけてしまうと、、、

じつは世間に ’’ 宅建 が難しくなっている’’と思わせることで得をする人たちがいるんです。

 

 

それは資格学校など受験ビジネスに携わっている人々です。

 

 

彼らからすれば、、、

 

・試験が難しくなっている

 

 

・独学では難しい
・競争が高まる

 

 

・申込者が増える

 

 

簡単に言うとこんなふうな仕組みになっています。

 

 

そして資格学校などを紹介し広告を得ているブログやサイトの運営者が情報を拡散することで、やはり同じように利益をあげられるという仕組みが成り立っています。

 

 

 

だから’’難しくなっている’’という情報が過剰に発信されてしまうのです。

 

 

 

 

ただし!難しくなっているという事実も否めない!

 

 

冒頭で『 ’’ほぼ’’ NO! 』と述べたように、世間で騒がれているほどではないが、やはり若干の難化傾向は確かにあるように思います。

 

 

 

というのも、出題形式に明らかな変化が見られるからです。

 

 

それは古い過去問と近年の過去問を比較してみるとわかりやすいです。

 

 

 

2014年以前の過去問と比較するとすぐに気がつきますが、より確かな知識がないと選択肢を最後の一つに絞れない、つまり運任せだと得点が伸びないような工夫がされています

 

 

具体的に言うと、、、

 

古い過去問だと単純に「正しいものはどれか」だったのが、最近の過去問では「正しい組み合わせはどれか」といった具合に改良され、受験生が本当に理解しているかを問いたい出題者の意図が明確に反映されるようになりました。

 

※ここらへんは古い参考書や、中古のテキスト、過去問を利用している方は注意してください。

 

 

 

また、宅建業法など数年前は満点を狙えたような科目が、2017年の試験から明らかに難しくなりました

 

 

 

とはいえもちろんこれは受験生全員が平等に頭を悩ます問題であり、合格率の格差を生むものではありません。

 

なので一概にこれらが試験が難しくなった要因とは言えませんが、受験生からすれば精神的な負担が増え たと感じてしまうはずです。。

 

 

 

 

最後に今後の宅建試験の難化の傾向について一言だけお伝えさせてください。

 

 

宅建(旧主任者)試験の合格率は90年代には14%程度台でした。

 

 

なのでこの程度まで合格率が下がる可能性は十分に考えられますし、宅建士への格上げに伴い今後は徐々に合格率が抑えられる可能性も拭いきれません。

 

 

大げさな情報に警戒する必要はありませんが、早めに受験する方が無難であることは間違い無いでしょう(^ ^)。

 

 

ただ、しっかりと理解するという王道の勉強法は今までもこれからも変わることはありません。

 

どうか周りの情報に振り回されることなく、自信を持って勉強に取り組んでください(^^)/

 

 

 

 

のテキストがマンガのようにわかりやすい!

通信講座の中では最安値の部類で受講者の合格率が圧倒的

もしも宅建を目指すなら絶対にチェックしておくべき優良教材です( ^ ^ )。

宅建

「フォーサイト」体験レポート 他と比べて一目瞭然です(^_^;)

 

 

 

 

関連記事

『宅建』お得に取るなら『フォーサイト』は一番の有力候補!

Q :ぶっちゃけ宅建合格には何を利用するのが一番近道ですか?

宅建知識はあくまでも試験に合格するためと割り切れ!

資格を持っていると世間の目が変わる!

資格マニアにも人気の宅建!しかしその実態は、、、

競売不動産取扱主任者という資格をご存知ですか?

いつの時代も人気資格ランキング上位を占める宅建!

「U-CAN」 えっ?!ホントにユーキャンの宅建講座でいいの?!

 宅建通信講座のクオリティーは国家資格の中でもダントツ!

 

 

 

宅地建物取引主任者試験一発合格マニュアル! TOPページへ


コメントを残してください。 現在のコメント数:コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

投稿者: nao  カテゴリ: 試験の日程、合格率、難易度  タグ:   投稿日時: 6月 20, 2018 at 9:14 am
  • なるほど!知って納得!宅建の基本


    なるほど!知って納得!宅建の基本


    社会的ニーズが高い宅建資格の特徴!


    宅建資格のメリットとその魅力!


    試験の日程、合格率、難易度

     

     

    他の教材との比較で一目瞭然!

    フルカラーマンガのようなテキスト!

    当サイトで一番選ばれている宅建教材!

    宅建

     

    最強の宅建通信講座はコレだ!!

  • 宅建試験合格までの道のり

  • 一発合格するためのアドバイス

  • 一発合格するための必見情報!

  • 宅建に関する踏み込んだ知識

  • 宅建で学ぶ主要科目をイメージで掴む!

  • 不動産に関するオススメ資格はコチラ!

  • サイト案内&相互リンク

     

    宅建一発合格マニュアルのご案内

    ~サイトMAP~

    厳選!宅建リンク集!

    相互リンク大募集中です!

     

     

    合格率を明示してる唯一の教材!

    合格率は全国平均の4.25倍!
    正直このクオリティーを超えるような
    宅建教材は今のところありません(^_^;)。

    しかも価格はユーキャンの半額以下!

    宅建

     

     

    オススメ度ではフォーサイトに劣りますが

    他教材との比較にとても参考になります。

    チェックしておけば

    教材選びの失敗をなくせます。

    ユーキャン U-CAN