宅建と管理業務主任者

宅建と密接に関係する管理業務主任者資格ですが、難易度は同程度です。

 

というのも、両者は試験内容がとてもよく似ていて合格に必要な学習時間同程度だからです。

 

ただ、多くの方がまず宅建資格の取得を目指すことになります。

 

なぜかと言うと、宅建の試験日が年一回、10月、管理業務主任者も同じく年一回ですが試験日はおよそ宅建試験の1ヶ月半後の12月になります。

 

なので初学者の場合、まず宅建にウェイトを置いて勉強し、その知識がまだしっかり残っているうちにダブルライセンスとして管理業務主任者も受験するというのが一般的です。

 

宅建とファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー(以下、FP)も宅建とのダブルライセンスとして相性の良い資格です。

 

そしてこちらも難易度としては宅建と同程度ですが、ややFPの方が難しいという印象を持たれる方が多いです。

 

なのでもし両方を目指すのであればやはりまずは宅建を取得するのが無難ではないかと思います。

 

宅建に合格できる実力があれば、資格試験に対する自信もついているのでFP合格も問題ないはずです。

 

宅建と簿記

簿記は’’級’’によって難易度に大きな差がありますが、日商簿記であれば2級が宅建と同程度の難易度ではないかと思います。

 

ただ両者には決定的な違いが一つあります。

 

それは試験の実施回数です。

 

宅建は年一回ですが、日商簿記年に3回、つまり3倍のチャンスがあることになります。

 

 

宅建と税理士

これはもう圧倒的に税理士試験の方が難しいです。

 

税理士資格を取得するには宅建の3〜5倍の学習量が必要になります。

 

ただ税理士試験は、科目ごとに一つづつ合格すれば何年度かに分けて合格を目指すことができるというちょっと独特な試験制度になっているので難易度を単純比較するのがやや難しいというところです。

 

宅建とマンション管理士

宅建とマンション管理士は多くの分野で試験の出題範囲が重なっていますが、難易度では明らかにマンション管理士が上です。

 

単純に合格率を比較しても、宅建が15〜17%に対して、マンション管理士は10%に届かない難関試験になります。

 

なのでほとんどの方が宅建を先に取得し、不動産業界に進路を決め実務経験を積みながらじっくりステップアップしていくというのがオーソドックスなパターンになります。

 

宅建と行政書士

こちらも宅建と難易度をよく比較される行政書士資格ですが、それは両者を目指す理由の一つに独立開業を視野に入れて考えている方が多いからだと考えられます。

 

ただし難易度を比較すると、憲法、行政法、民法などの法令科目や政治・経済・社会などの一般常識を幅広く学ぶ必要がある行政書士の方が圧倒的に難しいと言えます。

 

行政書士に合格するには宅建の5〜7倍の学習時間が必要になります。

 

 

 

以上、今回は宅建と6つの関連資格との難易度についてお話させていただきました。

 

とはいえ、あまり難易度に囚われず、どうかご自身の理想の近い働き方を納得いくまで吟味して想い描いた夢を実現させてください!

 

 

 

のテキストがマンガのようにわかりやすい!

通信講座の中では最安値の部類で受講者の合格率が圧倒的

とにかく安く確実に合格したいという方は必見です( ^ ^ )。

宅建

「フォーサイト」体験レポート 他と比べて一目瞭然です(^_^;)

 

 

 

関連記事

『宅建』お得に取るなら『フォーサイト』は一番の有力候補!

宅地建物取引士が就職、転職に強い2つの理由

正社員になれる特急券!転職に強い宅建資格!

宅建って難しいの?宅建の難易度!

いつの時代も人気資格ランキング上位を占める宅建!

宅建はハローワークからの給付金制度を利用して受験すべし!

ユーキャンと資格学校を比較!両者の真実を大暴露!

「TAC」 実績と信頼の大手資格学校!本当のところはどうなの?

 

 

 

宅地建物取引士試験一発合格マニュアル! TOPページへ