宅建に受験制限はありません!高卒でも問題なし!

高卒者にこそオススメなのが宅建士です!

 

というのもこの宅建士資格には受験の年齢制限条件制限がほとんどないからです。

 

実務経験が何年以上必要だとか、専門学校や大学卒業といった制限はありません。

 

そう誰でも公平にチャンスを掴む事ができる資格なんです!

 

 

就職活動に超有利!いきなり資格手当をGETできる!

宅建は超がつくほどの人気資格なので名前は知っているという方がほとんど、とても知名度の高い資格です。

 

ここまで人気があり知名度が高いのはなぜか、それは社会的なニーズが高いということにほかなりません。

 

不動産関係金融関係建設関係と合格者は幅広い進路に進むことになります。

 

 

なので、 たとえ今はまだ具体的に自分のやりたい事が決まっていないとしても、いざ就職や転職といった転機が訪れた際には大いにアピールポイントとして役立つ可能性があります

 

 

しかも、じつは不動産業を営む場合には一定の数の宅建資格者を置かなければいけないという法律の規定があります。

 

そのため基本的にこの宅建を持っていると資格手当が当然のように支給されます。

 

たとえ大学を卒業したとしても一年に一度の昇給で月額1万円上がるなんてなかなかない厳しいご時世ですから、入ってすぐに3万円の資格手当というのはなかなか魅力的ではないかと思います。

 

 

合格者の年齢層が幅広い宅建士

宅建合格者の年代別データを見てみると、例年このような割合になります。

 

10代(12~14%)

20代(17~18%)

30代(17~18%)

40代(14~15%)

50代(12~13%)

60代以降(16~17%)

 

このように幅広い年齢層から支持されているのは、年齢に関係なくいつでもステップアップできるというこの宅建資格の有効性の証明ではないでしょうか。

 

また注目すべきは40代以降の方の合格者が多いという事です。

 

これは不動産業界という大きな器には未経験でも新規参入しやすいということのあらわれだと思います。

 

実際、人の入れ替わりの多い業界ですし、体育会系でガンガン稼ぎたいという方が多いですね(^ ^)。

 

 

受験費用も比較的安い!高い資格コストパフォーマンス!

それに宅建は人気資格だけに資格学校や通信講座が競合しているので、もう完璧と言っていいほどに攻略され尽くされている資格です。

 

なので、口コミなどである程度評価を得ている通信講座であれば安くても十分なクオリティーのものがあります。

 

それらを利用すれば、それこそまるでテレビゲームを攻略本を見ながらクリアしていくかのように、合格まで一直線に宅建を取得することができます。

 

合格と不合格の分かれ道は、頭の良さや記憶力といった能力の差ではなく、もはや通信講座のカリキュラムに素直に乗っかれるどうかと言っても過言ではないくらいです。

 

宅建試験がある程度の難易度にも関わらず、ここまで受験者数が多いのには、通信講座といった受験サポート機関の企業努力が大いに影響しているのは間違いなさそうですね(^_^;)w

 

 

押し売りするつもりは全くありませんが、最後に一つだけフォーサイトという通信講座を紹介させてください。

 

この教材は唯一合格率を明示しているだけでなく、ユーキャンなど他の通信講座と比較しても安価なので教材選びに失敗したくない方は絶対に候補の一つに入れておくべきです(^ ^)/

 

フルカラーマンガのようなテキストは勉強嫌いな人にとっては学習ストレスを大幅に減らせるはずです!

宅建

 

関連記事

U-CANを知名度だけで選ぶと後悔しますよ!

宅建(タッケン)と関連資格の難易度を徹底比較

正社員になれる特急券!転職に強い宅建資格!

宅建はハローワークからの給付金制度を利用して受験すべし!

やはり選ばれるのは不動産系!将来有望な不動産資格5選!

いつの時代も人気資格ランキング上位を占める宅建!

じつは簡単?!宅建は嘘の合格率に惑わされてはいけない!

宅建の合否は勉強を始める前にすでに決まっている!

 

 

 

宅地建物取引士試験一発合格マニュアル! TOPページへ