あなたは、一生、同じ会社で働きますか?

 

「一生、同じ会社で働きますか?」

 

もしこう問われたらあなたはどう答えるでしょうか?

 

「たぶん、はい」

 

あるいは、、、

 

「たぶん、いいえ」

 

と答えますか?

 

しかし、もしこの問いに対して完璧な正解を求めるなら、おそらく正解はこうです。

 

「先のことはわかりません。」

 

’’人生100年時代’’とも言われる長寿の時代が到来し、すでに個人が生涯に働く期間会社の存続期間を超えてしまっているとういうデータがまさに現実味を帯びてきています。

 

つまりそれは、人生においてほとんどの人が転職を経験することを意味しています。

 

とはいえ、先ほども少し触れたとおり、自分が将来どうなるかなんて誰にもわからないのです。

 

今まさに就職や転職をしたとして、さらにその次に就く仕事を誰が想像するでしょうかw

 

将来がわからないからこそ、多くの方が幅広い分野で使える宅建のようなマルチ資格を求めているのです。

 

平成30年も平成29年を上回り、受験者数は増加の一途を辿っています。

受験者数増加の大きな一因として、やはり漠然とした将来への備えとして選ばれているのは間違いなさそうです。

新卒で「自分の職」が決まることはまずありえない。

 

 

そもそも、学校を卒業する時点で、自分が何をやるのか進路を決めること自体が、じつは非常に難しいことだと思います。

 

「好きなことをやれ!」

「小さい頃の夢を実現しろ!」

「理想を持てる仕事をしろ!」

 

ハッキリ言ってそんなポジティブな綺麗事を言われても結局は他人事でしかないような気がします。

 

これから社会に出る方にとっては、仕事内容の良し悪しや夢と現実の違いなんて、やはり実際に働いてみないとわからないはずです。

 

結局はある程度幅広い視野を持って、自分の将来がどっちに転んでもいいように守備範囲を広げておくことが今の時代には賢明と言えるではないでしょうか。

 

転職が「裏切り」とは言われなくなった

 

すでに社会人の方も、一昔前と比べ転職事情が大きく変わってきていることを肌で感じているのではないでしょうか。

 

今から10年前に転職を言い出そうものなら、、、

 

「キミは会社を裏切るつもりかッ?!」

 

こんな反応も(とくに辞められ慣れていない大企業では)決して珍しいものではありませんでした。

 

まるで企業内宗教の異端者のような扱いです(^^;)

 

しかし、そんな風潮も今はすっかり様変わりしました。

 

会社を辞めるために悪いことをしているかのような緊張感を感じる必要はなくなり、むしろ、退職の際には「頑張れよ!」と励まされたりするぐらいです。

 

また、不況によるリストラや賃下げの影響もあり「ウチの会社の流儀は〇〇だ!」みたいな企業のプライドもすっかり影を潜めてしまいました。

 

代わりに、個人主義が尊重されるようになり、気軽に「前の職場はどうだった?」なんて台詞を耳にするようにもなりました。

 

もう社会人の ’’転職’’ は学生の ’’転校生’’ よりもありふれた風景になりつつあるのかもしれません。

 

転職にもっとも有利に働くのはやはり実務経験実績です。

 

そして、その評価をより確実にアピールするのにはやはり資格が有効なのではないかと思います。

 

将来の不安を無くすため、そして自分の可能性を広げるためぜひチャレンジしてみてください!

 

 

金融、 法律、建築、私生活まで幅広い分野でその知識が活かせる’’宅建’’まさに今の時代の備え!

ラーでまるでマンガのようなテキスト!少ない学習負担は忙しい社会人向け!

合格率は驚異の全国平均の4.25倍しかも価格はユーキャンの半額以下

宅建

「フォーサイト」 実際の体験レポートはコチラから

 

 

関連記事

就職に有利!大学生に人気の資格ランキング!

【宅建】社会人受験生のメリット、デメリット!

【求む!女性宅建士】年収UP!女性が進出しやすい*宅建業界*

『個人主義』『実力主義』の世の中だから資格が活きる!

幅広い分野で有利な’’差別化’’を図れる宅建資格!

「U-CAN」 えっ?!ホントにユーキャンの宅建講座でいいの?!

派遣社員やフリーターだからこそ目指しやすい人気資格ベスト3!

 

宅地建物取引士試験一発合格マニュアル! TOPページへ