過去10年の宅建試験のデータを元に推定した2018年の宅建試験の得点分布(^^)

 

2018年本試験の結果を元にしていますが、合格ラインに集中する受験者数の割合などは毎年おおよそ近い数値になるので参考にしてください(^^)

 

<宅建士試験の得点分布>

基準 点数 上位% 累計人数
+2点 39点 9.5% 20,329人
+1点 38点 11.2% 23,967人
合格点 37点 15.6% 33,360人
−1点 36点 22.4% 47,934人
−2点 35点 27.5% 58,848人

 

合格点を1点下げたら合格者数は急増!

 

上の受験者数の分布表からもわかる通り、合格ライン付近にはわずか1点の差に1〜2万人が集中します。

 

そのため、わずか1〜2点、合格点を繰り上げるだけで、合格率は30%近くに跳ね上がってしまうことになります(^_^;)

 

 

宅建は1〜2点足りず「悔しい想いをさせる」よくできた試験

 

宅建試験はよく、、、

 

「今年は1点足りなくて悔しかった。」

「1点足りずにギリギリ落ちちゃった。」

 

そんなことをよく耳にします。

 

しかし、たった1点の差でも、成績順位でみるとは10000位以上落ちることになります。

 

宅建は1点には異常に重みがあり、受験生が集中するゾーンから頭一つ飛び抜けたところ、まさにそこが合格ラインです。

 

そして、その1点で合否の線引きをするというのはまさに試験主催者側の思惑です。

 

正解率50%以上の問題を間違わなければ合格できる!

 

<本試験問題の正解率と出題数>

正答率 28年 29年 30年
70%以上(易問) 15問 16問 27問
40〜60% 27問 27問 17問
40%未満(難問) 8問 7問 6問

 

宅建試験で言われる ’’難問’’ とは正解率が40%未満の出題のことです。

 

そして上の表でもわかる通り、難問の出題数は例年10問以下であり、ほとんどの問題を過半数以上の受験生が正解しています。

 

つまり、受験生の正解率が50%以上の問題を間違わなければ必ず合格できるということです。

 

もっとも多い不合格の原因!ギリギリ落ちてしまう人は『知識の〇〇』を高めろ!

 

ではなぜ多くの受験生が正解できる問題を間違えてしまうのか?

 

それは知識の「正確さ」「」「厳密さ」それらが低いからです。

 

そうすると、肝心の最後で選択肢を一つに絞りきれず、惜しいところでわかるのに正解を取りこぼしてしまうという悲しい結果に(T . T)

 

この原因解決はシンプルに余計なことをせず基本を大事にしてください。

 

みんなが知っている当たり前の範囲(基本)を繰り返し、インプットした知識を正確に記憶するという意識を持って勉強すれば得点が飛躍的に伸びるはずです(^^)/

 

大勢の10点以上足りない人が次の試験の合格予備軍

 

<受験者数が多い得点の分布順位>

1位 1〜2点足りない人
2位 2〜5点足りない人
3位 合格者
4位 10点以上足りない人

 

くどいようですが、あと1〜2点だからという油断は禁物です!

 

なぜなら、10点以上足りないような人は、本気で取り組んでいません。

 

つまり、その中にはきちんとやれば合格できる可能性がある隠れ合格予備軍がたくさんいるということです。

 

今回結果を残せずに再挑戦する受験生は、変なこだわりや、過信を捨て ’’基本’’ を大事にしてください!

 

 

この2つは’’受講生だけが有利になる’’と言われるほどの通信講座なのでチェックだけはしておいてください(^◇^;)

 

【スタディング】

机に向かわないどころか、紙も鉛筆も使わず、ホントに隙間時間だけ・・で合格できますw

宅建

スマホで学べるスタディング詳細ページへ

 

【体験レポ】『スタディング』宅建講座買っちゃいました( ´ ▽ ` )ノ

 

【フォーサイト】

でマンガのようなテキストw なのに合格率は70%と、もはや反則レベルの通信講座です(^◇^;)

宅建

合格率は全国平均の4.25倍!高い合格率の宅建講座はフォーサイトの詳細ページへ

 

【体験レポ】フォーサイトの中身はこんな感じです( ´ ▽ ` )ノ

 

 

関連記事

宅建試験の本質は『減点方式』間違えなえなければ合格できる!

「石を投げたら宅建士?」増え続ける宅建士はなぜ飽和状態にならないのか?

【宅建不合格】不動産業界で働いている受験生はここに要注意!

宅建に合格してわかること!自分はバカじゃなかった(T ^ T)

派遣社員やフリーターだからこそ目指しやすい人気資格ベスト3!

宅建士資格試験リベンジ!再挑戦者の勉強法と注意点

『〇〇〇』この教材(通信講座)を使ってもダメなら宅建は諦めろ!

 

宅地建物取引士試験一発合格マニュアル! TOPページへ